各種カヌー用品

 ┗ パドルの組立て方法

パドル組み立て手順

パドル組み立て手順

20140627135452.JPG








.屮譟璽匹盍泙瓩森イ澆料環垢魴茲瓩謄轡礇侫箸鯏乾離海妊ットする。

右手側のブレードにシャフトをエポキシで取り付ける。(※2)

20140627135452_1.JPG





 



ブレードとシャフトを接着した部分(ネック)を
覆うための「熱収縮チューブ」を差し込む。

ぅ屮螢奪徑僂離船紂璽屬皀轡礇侫箸忘垢傾む

ズ玄蠡Ε優奪用チューブを差し込んだ後、左手側ブレードをシャフトに入れる。
床など平らなところにパドルを置く。

20140627135452_2.JPG

 

 

 

 



Д屮譟璽匹里佑犬螻囘戮鬘苅°にしたい場合、同じ角度のパドルを並べて角度を決める。

・パドルが無い場合は、プラスチックの分度器を45°でカットして角度を出す。

 木材などで角度45°が出せるものなら代用可能。

20140627135504.JPG

20140627135504_1.JPG

20140627135504_2.JPG








┘僖疋襪肇屮譟璽匹飽(ズレ防止)を入れたあと、エポキシで固定する。

 (十分硬化するまで待つ、使用するエポキシにより時間が異なる)

ネック用・グリップ用の各チューブを、熱湯またはヘアドライヤーで収縮させる。


●注意点やポイント
※1 エポキシは硬化すると外すのは不可能になるので注意が必要。

20140627135504_3.JPG

※2 エポキシを塗る際、ブレードとシャフトの両面にまんべんなくエポキシを塗る。この時に隙間(ピンホール)が出来てしまうと、パドル内に水圧で水が入る原因になります。

対処方:ピンホールが出来たり不安な場合は、エポキシ硬化後にもう一度エポキシを塗る。多めに塗ると硬化するまで垂れるので注意。


20151112100641.jpg
20151112102144_1.jpg
20151112102144.jpg